menumenu

手帳ブログ

ヨコタテLIFE

2017.05.01

ヨコタテLIFE VOL.11 フラワーコーディネーター編

reflower main1_2

お花見のシーズンが終わり、すっかり葉桜になった木々に
季節の移ろいを感じていたのも束の間。
つつじの花が公園のあちこちで、あざやかな赤紫色を咲かせています。
春から初夏にかけて、「自然の彩度」もあざやかになってきますよね。

さて今回は、そんなお花の季節にふさわしい、
フラワーコーディネーターさんのブラウニー手帳をご紹介します!

work1_2

今回ご登場いただくのは、
静岡県静岡市でフラワーアレンジメント教室「リ・フラワー」を営む中村佐和子さん。

フラワーアレンジメント教室の先生としてだけではなく、
結婚式場や飲食店のフラワーコーディネーターとしてもご活躍されています。
教室と結婚式場を行き来するお忙しい毎日のなかで、
どんな風に手帳を使用されているのか、興味深いですね。

それでは、手帳の中身を拝見しましょう!

フラワーコーディネーターさんの手帳拝見

まずは、カバーから。人気色のピーコックを使用されています。

image3

…そしてなんと!ペンまでバラ!
さすがフラワーコーディネーターさん、文具のチョイスにも華があります!

yearly
■イヤーカレンダー
ブラウニー手帳の巻頭にある「書き込める2年カレンダー」。
このページには、シーズンごとの大きな予定やイベントなど、年間の予定をメモ。
「紫 → レッスン」 「オレンジ → イベント」など、色ごとに使い分けてカテゴライズ。
ペンの色もお花の色みたいでカワイイですね。

monthly01
■マンスリーページ
「ダイナリーは横に広いので書きやすいです」とヨコ使いの中村さん。
左と真ん中のエリアは、ウエディングのお客様のスケジュール一覧として使用。
お客様ごとに結婚式の日程を記入し、時系列で予定を管理されています。

右のエリアは、「リ・フラワー」のブログやSNSの更新履歴を管理。
更新された日にシールを貼っていくだけ。これなら、記録するのもカンタンですね!

中村さんは同時に複数組のお客様をかかえておられるので、予定を間違えないためにも、
「進捗状況を見える化できるガントチャートはとても便利」とのこと。
こういう使い方は、ブロックマンスリーではできないですよね(何気に商品アピールw)

weekly
■ウィークリーページ
週間スケジュールもヨコ使いで記入。
左側のピンクで記入したエリアがウエディングの予定
真ん中のブルーがレッスンの予定、一番右にはプライベートの予定を記入されています。
ウエディングのお客様との打ち合わせは、多い時で1日に3~4組入ることもあるんだとか…。
中村さんのように、「レッスン」と「ウェディング」など、仕事のフィールドが複数ある方は、
エリア分けして予定を管理できるこのフォーマットはけっこう便利だと思います。

project
■1イヤープロジェクト
ブラウニー手帳の巻末にある「1イヤープロジェクト」。
中村さんは、仕入れるお花の時期がパッとみてわかる「お花のカレンダー」として使用。
考えてみれば、お花って「一年」というサイクルで動くものなので、手帳との相性もいいですね!

お花の仕事現場に密着!

せっかくなので、中村さんのお仕事風景を見せてもらいました!

image5_2

こちらは、レッスンで使用する見本のアレンジメント。
季節のお花をつかって、色味とバランスをみながら世界観をつくりあげていきます。

image2

バラといっても、いろんな種類のバラがあるんですねー。
花言葉も色によって全然ちがうみたいです。
バラってキザなイメージがありましたが、可憐でかわいいですね。

image1

こちらは、ウエディングフェアに来られたお客様にお配りする
フォトフレーム型の小さなフラワーベース。
小さいバラがマカロンみたいでかわいいですよね。
さっきから「かわいい」を連発しすぎて、だんだん文体まで乙女っぽくなってきちゃったw

image4

ウエディングシーンのフラワーコーディネートにも、いろんなパターンがあるようですね。

fujisan1

富士山ドーーーン!!!
中村さんがお花をコーディネートしているホテルからは、富士山と駿河湾が見えるんです!
静岡って、ほんとに風光明媚なところですね。

logo

中村さん、取材ご協力ありがとうございました!
これからもブラウニー手帳とともに、お花のあるライフスタイルを発信してくださいね。

《詳細》*************************

■リ・フラワー ホームページ http://www.re-flower.com/